ザイザルは花粉症といったアレルギー性鼻炎による鼻づまりや鼻水などの治療に病院で処方される医薬品です。
花粉症といったアレルギー疾患を治すために使用する薬として「レボセチリジン」と呼ばれている抗ヒスタミン薬があり、レボセチリジンの商品名がザイザルです。
鼻水などのアレルギー症状は身体が異物として認識する物質を排除しようと免疫反応の結果、放出するヒスタミンが、ヒスタミン受容体と呼ばれている部分に結合し起こるものです。
ヒスタミンの作用を抑制することでアレルギー症状を抑える仕組みになります。

ザイザルの作用と効き目

医薬品 ザイザルは第2世代抗ヒスタミン薬で、抗ヒスタミン薬はヒスタミンの作用を阻害することからアレルギー症状を抑制する医薬品です。
第1世代抗ヒスタミン薬は口の渇きや眠気などの副作用が起こりやすく、その後第2世代抗ヒスタミン薬と呼ばれているさまざまな副作用を緩和した薬が開発されます。

ザイザルは花粉症といったアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、かゆみや皮膚炎などの皮膚疾患の治療に利用することが可能です。
花粉症薬において中程度の強さを持つ医薬品で、抗ヒスタミンにおいて第2世代に区分されアレルギー症状の原因ヒスタミンの働きを抑制することによって症状を緩和します。
薬の効き目が早く1日中持続することができ、眠気や口の渇きといった副作用が出現しにくことがあげられます。
比較的使いやすい薬で、幅広い世代の人が利用している医薬品です。

蕁麻疹などの皮膚疾患の治療としても利用されていて、蕁麻疹はヒスタミン分泌が原因で引き起こるので、抗ヒスタミン薬を服用することから酷い症状を改善することができます。
蕁麻疹を抑制する効果も高く、激しい蕁麻疹の場合にも処方されることがあります。

主成分であるレボセチリジン塩酸塩は蕁麻疹や皮膚炎、かゆみやアトピーの症状などの改善にも効果的です。
皮膚疾患による適用範囲は蕁麻疹や皮膚炎、痒疹や皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎などがあげられます。

いずれの症状に対しても高い効果を期待することができ、皮膚疾患治療にも使用されるケースが多いです。
皮膚炎の場合は有効率66%になっていて、慢性蕁麻疹の場合は有効率は77%あります。
同じような症状にも効果があると期待されていて、抗ヒスタミン薬の中でも優秀でいろいろなクリニックで処方されている医薬品です。

ザイザルで改善されるアレルギー症状

花粉症の女性 ザイザルは抗ヒスタミン薬で、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹・皮膚炎などの治療によく使われています。
花粉症薬の眠気などの作用を抑えた薬として開発され、主な用途として花粉症などが原因で引き起こる鼻炎やくしゃみ、鼻水や鼻づまりなどの不快な症状を緩和することが可能です。
花粉症薬の中では中程度の効果がある医薬品で、花粉症などの症状が出現して服用しても十分効果を発揮できます。

アレルギー性鼻炎はもちろん蕁麻疹や皮膚炎、痒疹や皮膚そう痒症などの治療にも使われていて、レボセチリジン塩酸塩が主成分です。
アレルギー症状を起こす原因のヒスタミン受容体の作用をレボセチリジン塩酸塩が抑制し、花粉症の症状などを緩和します。
ザイザルには5mg錠があり、錠剤の他には小児用薬もあります。
小児用薬の場合は生後6ヶ月から服用することができ、病院で診察を受けた後ザイザルの処方を依頼することができるでしょう。

尚、眠気を伴う薬なのでその人の症状や職業などによってはザイザルの使用が危険であると判断されると処方されないケースがあります。
錠剤の場合は7歳以上から可能で、7歳未満の子供でも生後6ヶ月から服用することが可能です。
植物の花粉などが原因で引き起こる季節性アレルギー性鼻炎、いわゆる花粉症やホコリやハウスダストなどが原因で年中花粉症のような不快な症状が続く通年性アレルギー性鼻炎に対しても効果を発揮するでしょう。

鼻炎薬としては即効性が高く効き目も1日続くので持続性に優れています。
すぐに効くタイプの医薬品と言えることができ、飲んでから1時間程度で効果を実感することが可能です。
不快な症状を感じてからザイザルを服用しても早い時間帯において症状を緩和することができます。

ザイザルの副作用の症状

副作用の眠気に悩んでいる女性 ザイザルは口の渇きや眠気などの副作用があまり出ないよう工夫されています。
とはいえ副作用がまったくないというわけではなく、服用する際には一応注意が必要です。
第2世代抗ヒスタミン薬に区分され、口の渇きや眠気などの副作用は抑えられていますが眠気がまったく現れないというわけではありません。
添付書によると眠気や倦怠感などの副作用が現れることがあり、その頻度は0.1~5%未満となっています。

服用から眠気が現れることもあるので、ザイザルを飲んでいる間は車の運転を避けるよう注意されています。
重要な基本的注意点として眠気を感じることがあり、投与中の人には自動車の運転はもちろん機械の操作にも十分注意が必要です。
服用中は体調の変化などに注意しながら、危険な作業はなるべく避けるようにしましょう。
例えば精神神経系では眠気やけん怠感などがあげられます。

消化器では口渇や吐き気・食欲不振などがあり、重篤な副作用として発生する確率は低めですが痙攣や肝機能障害、黄疸や血小板減少などがあるので、何かしら異変を感じたらすぐに医師の受診を受けることをおすすめします。
お酒やアルコールとの飲み合わせにも注意が必要です。

ザイザルの添付書にはアルコールと併用するには注意が必要と記載されていて、ザイザルとお酒を一緒に飲むとザイザルの効果が強く出てしまう危険性などがあります。
ザイザルを服用している間は飲酒をなるべく避けるようにして、どうしてもお酒を飲むなら事前に医師に確認した方が良いでしょう。
他にも飲み合わせが悪い医薬品などがあるので、服用する前に使用上の注意をよく読んでから利用すると安心です。
基本的に副作用はでにくくなっているので多くの人から支持されています。

ザイザルを服用しない方が良い人

ザイザルを服用しない方が良い人が中にはいます。
例えば服用することによって肝臓や腎臓に影響が出ることがあります。
ザイザルは注射しなくても良い錠剤タイプで、さまざまなアレルギー症状を緩和することができる抗アレルギー剤です。
この抗アレルギー剤はアレルギーの原因であるヒスタミンやロイコトリエンの物質が脂肪細胞から出ることを抑制したり、ヒスタミンH1やアドレナリン・ドパミンなどとの受容体の結合を阻害するという作用機序を持ちます。

とはいえザイザルを長い間服用することによって腎機能や肝機能などに負担を与えることがあるので注意が必要です。
他の医薬品にも共通しますが、飲むことから肝臓において有効成分が分解され腎臓を経由し体外に排出されます。
有効成分であるセチリジンR体は少量ですがアレルギーに対して強力な抑制力を持ち、その効果が非常に高いので肝臓や腎臓などに対して負担が大きくなり長く服用することで腎臓や肝臓の負担が増えるのです。

何かしらの理由で肝臓や腎臓などに持病を持っていて長期間服用すると、肝臓機能障害や腎機能障害といったリスクを招くことがあるでしょう。
腎臓や肝臓を患っている人がザイザルを服用する場合、医師から定期的な肝機能や腎機能などに対する検査を受けたり肝臓や腎臓をチェックすることが必要です。
人工透析を受けているとザイザルを服用するのは難しくなります。

通常、腎機能の作用が低下することで老廃物を体外に出すことができず体が酸性に傾き、人工透析により老廃物を体の外に出すのが一般的です。
腎機能の働きが弱い人や肝炎を患っている人、肝臓機能が弱い人などはザイザルを利用する際、必ず医師と相談し適切に服用することが重要になります。