アレルギーを抑えるためにアレグラを服用したことがある人は多いかもしれません。
花粉症などのアレルギー症状がある人に処方される薬の一つです。

アレルギーが発症する仕組みは、体内物質であるヒスタミンが関係しており、アレグラを服用するとヒスタミンの受容体をブロックするのでアレルギー症状が出なくなる効果があります。
これは、アレグラの成分であるフェキソフェナジンが入っているからです。

フェキソフェナジンこそがアレルギー症状を抑える成分で、このフェキソフェナジンが入っている薬がアレグラです。
花粉症で服用する人が多いですが、花粉症以外にもアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎全般に効果があります。

アレグラは即効性があるために、服用から1時間後には効果を実感できるでしょう。
個人差がありますが、早くつらい症状を抑えたいと思っているのならば、即効性があるので服用してみてください。

また、副作用が少ない薬なので、副作用が気になっている人にも良いかもしれません。
アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬で、第一世代抗ヒスタミン薬と比べると脳への影響が少なくなりました。
このおかげで眠気が起こったり、口が乾いたりするなどの副作用が起こりにくくなりました。
これまで、眠気や口が乾くなどの症状で悩まされたことがある人にとっては、とても良い薬かもしれません。

しかし、全く副作用がないわけではなく、起こりにくいだけですのでどのような副作用があるのかを頭に入れておきましょう。
少ないとはいえは眠気が出るかもしれませんし、他にも頭痛や疲労、倦怠感や口の乾き、下痢や不眠などが出ることもあります。

医師の処方箋がなくても市販されていますので、とても身近なアレルギー治療薬です。
アレルギー症状はアレルギー物質から離れないと収まりませんが、花粉症などでアレルギー物質から離れられない時もあるので、アレグラを服用してみましょう。
1日2回服用すれば、1日中つらい症状から解放されるはずです。

ドラッグストアと通販では値段は変わる?

花粉症だから、他のアレルギー症状で困っているからアレグラを服用したいと思ったら、市販薬を手に入れるのも良いかもしれません。
ただ、ドラッグストアで購入すべきか通販で購入すべきかで迷うこともあるでしょう。
値段が変わるのであれば、なるべく安いところで買いたいとは思いませんか。
ドラッグストアでも通販でもどちらでも購入できるので、値段を比較しましょう。

インターネット通販の場合は値段を比較しやすいです。
複数の通販サイトを見ると、多少違いがあることがわかります。
通販サイトであっても数百円程度変わることもあるので、比較は重要です。
特に、通販を利用する場合は送料がいくらかかるのかも含めて調べてください。
安いけれど、送料がかかることもありますし、まとめ買いして送料無料になるようにしてしまうこともできます。

ドラッグストアの場合は簡単には比較しにくいですが、広告に掲載されていることがあるので、チラシを比較しましょう。
あまり通販サイトと大きく値段が変わることはありません。
多少の違いはありますが、高すぎるということはありませんから、購入出来る店舗が近所にある場合や、ポイントを集めているなどのメリットがある時は店頭で購入しても損をすることはありません。
送料がかからない分1箱だけ購入するならかえってお得になります。

どこが一番安いのかを考えてしまいますが、意外と近所のドラッグストアが安いかもしれません。
送料まで考えて、総額を計算しましょう。
1箱だけなのか、まとめ買いするのかによっても変わってしまうので総額が重要です。
初めてアレグラを服用する場合は1箱だけ購入し、薬剤師に詳しい説明を受けるためにドラッグストアを利用したほうが良いかもしれません。