湿疹は種類によって症状や原因は色々なので、むやみに湿疹の薬を使うのは危険です。
大まかな原因やそれによって起こる症状がどのようなものかがわからない場合、市販薬を使うのはよくありません。
特定の食べ物によって湿疹ができることもあり、卵や牛乳など特定の食べ物でアレルギー性皮膚炎が起こることがあります。
食べ物による湿疹はアレルゲンの食材を食べることだけが原因ではなく、食品に手で触れた際に食べこぼしなどの食べ物の粒子が皮膚に接触することでもアレルギー起こすことは多いです。

乾燥肌や皮膚の異常分泌も湿疹の原因の人でよくある症状です。
乾燥肌の人は湿疹ができやすく、毎年再発を繰り返す人も少なくありません、皮膚表面を覆っている皮脂やセラミドが減少し、肌内部の水分が蒸発しやすい状態だと乾燥肌になりやすいです。
そうなると皮膚を外部の刺激から守るバリアの働きが低下し、わずかな外部刺激にも敏感に反応してかゆみを感じるようになります。
その時に掻いてしまうと皮膚に傷がついて皮膚炎を起こし、傷がついた肌はアレルゲンが侵入しやすくなるのでアレルギー性接触皮膚炎になる可能性が高いです。

子供の湿疹と言えばアトピーで、効果的な市販薬はないので病院の薬が処方されますが、ステロイド外用薬は炎症を治す薬なので治った後に色素沈着が起きやすいです。
しかし、ステロイドを使用しないで炎症をこじらせて長引かすと結果的に色素沈着のリスクは高まります。
そのため適切な治療をして炎症の期間を短縮した方が色素沈着のリスクを減らすことができます。
ステロイド外用薬は赤ちゃんのアトピーに使えるものから大人でも顔には使えない強いものまであるので、きちんと説明してくれる皮膚科専門医の元で使用することが大切です。

湿疹の原因が分からない時は湿疹になる前の自分の行動を振り返ってみるとよく、必ず何等かの要因があります。
湿疹は掻くと悪化するので原因が分からない時はまず患部を洗うことです。
石鹸などで軽く洗ってタオルやガーゼなどで保護するとよく、悪化を防ぐことができます。
患部は熱を持っていることが多いので冷水などで冷やすと痒みを抑えることが可能です。

症状が重い又は再発する場合はすぐに病院を受診

湿疹で痒みが収まらない場合は、市販薬で痒みを抑えることができます。
ドラッグストアにいる薬剤師に相談すれば湿疹の原因を把握して適切な薬を教えてくれます。
薬が買えない場合はワセリンを塗って患部を保護すると良いのですが、ワセリンには使用期限があるのでよく確認してから使用することが大事です。
湿疹で痒みが現れると、様子を見る人もいれば自身の判断で市販薬を使って対処する人もいます。
痒みの治療で大切なのは原因を探って、それに応じた対処をしていくことです。
湿疹の原因を把握するのは素人では難しいので医療機関を受診するのが賢明です。
特に湿疹の症状が重く、毎年頻繁に再発を繰り返しているような場合、すぐに病院を受診する必要があります。

湿疹で困った時は、きちんとお医者さんに症状を伝え、自分に合った治療を行っていくことが重要です。
掻いてしまうと悪化することが多いので、1人で悩まず早めに受診することを心がけましょう。
病院に行くと医者は視診で症状をみながら、問診などによって痒みの程度や原因となるものを診断してくれます。
蕁麻疹の場合、診断時に症状が出ていないこともあるので問診がとても重要になります。
湿疹の原因が特定できない場合は検査で原因を調べることが可能です。
病院では総合的な診断ができる体制が整えられているので、その人の症状に合った治療法を見つけることができます。

病院に行って湿疹を治療すれば、正しい診断により痒みの原因を知ることができます。
痒みの原因は人それぞれで、自身で原因をある程度予想できたとしてもあくまでそれは素人判断に過ぎません。
我慢して病院に行かずに掻くと痒みは益々強くなり、自己判断で市販薬を使うと結果的に酷くなることが多いです。
病院に行けば皮膚の状態や症状が出た時期、年齢や生活環境などあらゆる観点から湿疹の原因を探り、正しい診断をしてくれるので安心です。